肌のトラブル

シミの代表格!老人性色素斑は改善することができる!その治療法とは?

投稿日:2017年4月21日 更新日:

老人性色素斑が作りだされるその原因とは?

シミの代表格である「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」。薄茶色で輪郭がはっきりとした形をしているのが特徴です。

だいだい40歳前後の人に多く見られ、ほとんどの人に老人性色素斑ができる可能性があるといわれています。

老人性色素斑のシミとなってしまう原因は、これまで浴びてきた紫外線のダメージによるものです。

紫外線を多く浴びると皮膚は細胞を守ろうとしてメラニン色素が活性しますが、紫外線対策もせず、慢性的に紫外線を浴び続けると、メラニン色素が過剰に生成されてしまいます。上手く排出されなかったメラニン色素が蓄積することで色素が褐色され、シミとなって表皮に現れるといった状態になります。

上記から分かるように外で過ごすことが多く、日光をたくさん浴びてきた人に現れやすく、特に日に当たりやすいこめかみや頬などの高い部分に出来やすくなるそうです。
そして、若い人でも紫外線ダメージが進んでいる人は、20歳の後半から出現してしまうこともあるそうなので注意が必要です。

老人性色素斑は、自然に治ることはなく、年齢とともに濃くなることがあります。
しかし、一度できてしまった老人性色素斑を改善する治療方は存在します。
これ以上ひどくならないように早めに病院で対処することがおすすめです!

老人性色素斑の治療法とは?

老人性色素斑の治療は主に外科治療であるレーザー治療や外用薬のハイドロキノン、トレチノインなどになります。
シミを作り出す原因となっているメラニンを排出することがポイントです。

レーザー治療(外科治療)

真皮にまで到達しているようなぽこっと盛り上がるようなシミになってしまった場合は、レーザー治療がおすすめです。
シミのメラニン色素だけを破壊して細胞を破壊することができますので、根本的に改善することが可能です。
施術後、レーザーを当てた箇所がかさぶたになった後、1週間から10日ほどで自然に剥がれ落ちていきます。それから、新しい肌へ生まれ変わることができます。

ハイドロキノン(外用薬)

まだ浅いところにある老人性色素斑シミには、ハイドロキノンが配合された美白化粧品か皮膚科やクリニックで処方される「ハイドロキノン」がおすすめです。
ハイドロキノンは、強力な漂白作用をもっています。
シミを薄くするだけではなく、メラノサイトとチロシナーゼを働きを強力にブロックすることができるため、新たなシミが生成されにくくなります。

トレチノイン(レチノイン酸)

このトレチノインもまだ根が浅い老人性色素斑のシミに適しています。ビタミンAの誘導体であるトレチノインを肌に塗るとことで表皮のターンオーバーを早め、メラニンの除去を促します。
シミのほかにもニキビやシワ、炎症後色素沈着に効果を発揮します。トレチノインを使用している間は肌のバリア機能が弱まっているので、日焼けをすると、色素沈着を起こしてしまう恐れがあります。しっかりと紫外線対策を行いましょう。

シミを予防するためには、とにかく紫外線対策が大事です!特に、紫外線量の強い3月~9月は少し外に出るだけでも紫外線対策は万全でいたいものです。
また、紫外線対策だけでなく、生活習慣、食生活を見直したりストレスを溜めすぎないこともシミができにくい体づくりの基本です。

紫外線だけではない!生活習慣を正しくすることもシミの改善への第一歩!

・老人性色素斑は、紫外線などのダメージによるものが原因で発生する。
・老人性色素斑は自然に治ることはない。
・年をとるごとにだんだん濃くなる傾向があるので、薄いうちから治療することが賢明。
・老人性色素斑の治療は、主にレーザー治療、ハイドロキノン、トレチノインがある。


自然に治すことがはできませんが、対策や治療を行うことで綺麗に消すことが可能です。
ぜひ、病院で診断してもらうことをおすすめします!

-肌のトラブル

関連記事

ニキビ跡は改善できる?跡になってしまった場合の対処方法とは?女性

ニキビ跡は改善できる?跡になってしまった場合の対処方法とは?

目次1 ニキビ跡は改善できる?その方法とは?1.1 1.赤黒(紫色)に色素沈着したタイプ1.2 2.茶色に色素沈着したタイプ2 ニキビ跡の改善に必要なのは、ターンオーバー?2.1 方法1:正しい洗顔と …

医療レーザーでトラブルが起こった女性

医療レーザーでトラブルが起こってしまった方の為に!原因別、対処法をおさらいします。

目次1 レーザー脱毛での思わぬ失敗とは?1.1 「レーザーの照射漏れ」1.2 「火傷の恐れ」2 最大限に脱毛効果を引き出すセルフケアとは?2.1 「紫外線対策を怠る」2.2 「保湿」3 経験が豊富な医 …

様々な肌のトラブルに対応!カーボンピーリング治療とは?

目次1 カーボンピーリング治療とは?1.1 カーボンピーリングの注意点2 気になるカーボンピーリングのメリットやデメリットは?2.1 カーボンピーリングのメリット2.2 カーボンピーリングのデメリット …

脇脱毛をする場合フラッシュ脱毛とレーザー脱毛どちらが自分に向いている?女性

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛どちらが自分に向いている?

目次1 どの脱毛方法がいいのか?1.1 フラッシュ脱毛1.2 レーザー脱毛2 痛みや料金、施術時間は?2.1 痛み2.2 施術時間、期間2.3 費用3 自分にあった脱毛方法を! どの脱毛方法がいいのか …

ニキビがシミになってしまった場合の対処法とは?女性

ニキビがシミになってしまった場合の対処法とは?

目次1 ニキビの跡には種類がある?1.0.0.1 ニキビ跡の種類1.1 赤みが残るタイプ1.2 紫色や茶色が残るタイプ1.3 クレーター状の凹凸が残るタイプ2 種類別ニキビ跡の治療法とは?2.1 赤み …