肌のトラブル

医療レーザーでトラブルが起こってしまった方の為に!原因別、対処法をおさらいします。

投稿日:

医療レーザーでトラブルが起こった女性

レーザー脱毛での思わぬ失敗とは?

脱毛を安心して行えるよう医師のいる医療機関でレーザー脱毛を選んだはずが、
脱毛効果が見られないことや思わぬ肌トラブルなどを引き起こしてしまった例も少なくないそうです。
おもに失敗の原因として考えられるのが、施術側の技量不足・施術前と施術後に自身で行う
スキンケア不足によるものと言われています。

まずは、施術を行うクリニック側の原因を2つ挙げてみましょう。

「レーザーの照射漏れ」

レーザーを万遍なく当てていないために、照射してない箇所が出てムダ毛が一部残った状態になります。

少しずつ照射面をずらしながら施術を行いますが、照射面が円形の場合、
隙間の部分などに打ち漏れが出て、均等に照射することができていないのです。

レーザー脱毛をした後は、通常2~3週間程度で照射した部分が自然に抜け落ちてくるようになるので、
残っている毛があったら打ち漏れと考えていいでしょう。

「火傷の恐れ」

カウンセリング時、事前に医師より肌の状態を確認したうえで、その人にあったレーザーの出力を決めます。
しかし、医師が判断を誤り出力の設定が正確ではなかった場合、肌が過剰に反応を示し、
火傷をしてしまう恐れがあります。

また、火傷の原因として保湿ジェルの塗りが十分でないことも原因として考えられます。

最大限に脱毛効果を引き出すセルフケアとは?

レーザー脱毛を受ける時には、自身でも気をつけなければいけない点がいくつかあります。
事前に病院側より説明があると思いますのが、このアフターケアーを怠ると肌トラブルになる可能性があるかもしれません。

「紫外線対策を怠る」

施術中の期間、施術後などは、肌がとても敏感になっている状態です。
わずかでも太陽にあたってしまうとしみやそばかすの原因になってしまいますし、
レーザ脱毛は黒の性質を持った色素に反応するので、黒く日焼けをしてしまった箇所は、
効果が出にくくなります。施術期間中は、できる限りのUV対策は行いましょう。

「保湿」

レーザー脱毛は、肌の水分量が少ないと効果を十分に発揮することができません。
特に脱毛後は、ダメージを受け水分量も少なくなっています。いつも以上にしっかりと保湿を行うようにしましょう。

経験が豊富な医師と看護士に施術を行ってもらいましょう。

  • レーザー治療の施術でも肌トラブルの原因となる可能性もある
  • 医師が行うレーザー脱毛だからと安心はできない
  • 脱毛の効果を十分に引き出すには、自身のセルフケアも忘れずに行うこと
  • カウンセリング時に医師や看護師の症例数、最新の機器を導入しているかも重要なポイントです


病院だから絶対安心とは言い切れません。実績のある経験豊富な施術者に施術を行ってもらうことをおすすめします。

-肌のトラブル

関連記事

従来の光治療機器とはここが違う!シミ・そばかす・ニキビ跡に効果的なアキュチップとは?

目次1 ニキビ跡・シミやそばかすを撃退できる!アキュチップの施術とは?2 アキュチップの気になる効果・気を付けたい点は?3 ピンポイントで治療部分を狙うため、効果は抜群! ニキビ跡・シミやそばかすを撃 …

シミの代表格!老人性色素斑は改善することができる!その治療法とは?

目次1 老人性色素斑が作りだされるその原因とは?2 老人性色素斑の治療法とは?2.1 レーザー治療(外科治療)2.2 ハイドロキノン(外用薬)2.3 トレチノイン(レチノイン酸)3 紫外線だけではない …

たるみ改善にはこれ!ハッピーリフトの進化系?「アンカレッジ」施術とは?女性

たるみ改善にはこれ!ハッピーリフトの進化系?「アンカレッジ」施術とは?

糸のリフトアップと言えばハッピーリフトが主流ですが、改良された「アンカレッジ」という施術方法があります。アンカレッジは、固定力も高く持続力も良くなり、より満足するリフトアップが可能となりました。

医療脱毛後の敏感肌さんが行える3つのポイント

敏感肌でお悩みの方に。肌トラブルを防ぐ3つのポイント

目次1 敏感肌の人は医療レーザー脱毛を受けることができないのか?1.1 原因1:レーザーの出力、施術方法が不適切だった1.2 原因2:施術後のケアが不十分だった2 肌トラブルを少しでも防ぐために3 何 …

従来のボトックス治療よりも効果的なマイクロボトックスとは?女性

従来のボトックス治療よりもずっと効果的!マイクロボトックスって何?

目次1 マイクロボトックスとは?1.1 マイクロボトックスリフトの効果2 リスクや副作用は?3 マイクロボトックスの効果まとめ マイクロボトックスとは? 注射1本でリフトアップする治療法といえば、「ボ …