肌のトラブル 脱毛・除毛

医療レーザーで、いつの間にかシミが出現?早く治したい黒ずみの悩みと対処法について

投稿日:2017年1月23日 更新日:

医療レーザーで黒いシミができ泣く女性

医療レーザー脱毛は、黒ずみが出来たりするの?

基本的に濃いシミや色素沈着がある部分にはレーザーを照射することができません。

なぜかというと、医療レーザーは黒いメラニン色素に反応する性質があります。濃いシミや色素沈着した肌にレーザーを当てた場合、その部分に反応して熱を出してしまうことがあり、火傷を引き起こしてしまう可能性があるからです。

しかし、めったにおきることでもありませんが、綺麗な状態の肌に医療レーザー脱毛を行い、シミのようなものができてしまったという人もいます。

もともと医療レーザー脱毛は、高出力のパワーではありますが安全性の高い脱毛機です。適切なレーザーの出力で照射できていなかったことにより軽いやけどを覆ってしまうことがあるのです。

このようにできてしまったシミや色素沈着は、すぐに収まりますが、アフターケアー次第方法では、まれに薄いシミとして残ってしまうことがあるのです。

シミを早く治すにはどのような方法があるのでしょう。

もし万が一医療レーザー脱毛後にシミになってしまった場合、少しでも早めに対処することが大切です。

例えば、自分で出来るものとして、クーリングを行ったり処方された薬を使用するという対処法があります。

クーリング

アイスノンや冷やしたタオルで患部を冷やしていく方法です。

炎症が残っている箇所を冷やすことで、レーザーの熱を冷まし熱が広がることを抑えることで炎症がさらにひどくならないようにします。

クーリングは病院でも行いますが、帰宅してからもまだ赤みや腫れが引かない場合は、自宅でもクーリングを行った方がいいでしょう。

処方薬を使用する

処方される薬は、ほとんどの場合「ステロイド剤」のお薬になります。パッケージに「リンデロン」「デルモゾール」と記載もされている場合も「ステロイド剤」の種類のお薬になります。

このステロイド剤は効果が非常に大きく、炎症による腫れや痛み、かゆみをすばやく抑えてくれます。しかし、続けて使用することによって、皮膚が薄くなってしまうことや免疫力が低下し、症状が逆に悪化する副作用があります。

さらにこれらのステロイド剤は炎症の程度によって使用する期間が異なります。必ず、医師の指導を仰いでから使用するようにしましょう。

最後に肌が弱い人や術後の肌トラブルが心配な場合は、補償制度がしっかりしているクリニックを選ぶといいかもしれません。

医療脱毛レーザーでも、クリニック選びは慎重に行いましょう。

  • 濃いシミや色素沈着がある箇所は、施術を行うことができません。
  • 炎症が起きてしまった場合、早めの対処を!
  • クリニックから処方される薬は、「非ステロイド系抗炎症剤」を処方されることもある。
  • 「ステロイド剤」を使用する場合、医師の指導のもと使用するようにしましょう。


肌トラブルが心配な人は、アフターケアーが充実しているクリニックを選びましょう!

-肌のトラブル, 脱毛・除毛

関連記事

レーザー脱毛した女性

レーザー脱毛で痛みを感じたら..?レーザー脱毛で痛みを抑えるために、予防すべきポイントとは?

目次1 レーザー脱毛ではどの部位が痛いの?2 施術中の痛みを抑えるためにできることは?2.1 体調不良、生理前後の時の施術は避ける2.2 施術前、普段から施術部位を保湿しておく3 施術の痛みは抑えられ …

家でのめんどくさい自己処理とはおさらば♪医療レーザー脱毛なら最短6回でひざ下がつるつるに♡

目次1 ひざ下の脱毛施術の種類1.1 光脱毛(エステサロン)1.2 医療レーザー脱毛(医療クリニック)2 脱毛を行うのにベストな時期とは?3 ? ひざ下の脱毛施術の種類 ひざ下は、1年中人目につきやす …

永久脱毛を行った女性

永久脱毛なら、一生毛が生えてこないと思っていませんか?永久脱毛について正しい知識を身につけましょう。

目次1 永久脱毛後は本当に毛が生えなくなるの?2 永久脱毛も全く効果がないということではない!2.1 1.パワーの低出力や打ち漏れ2.2 2.ホルモンバランスの乱れ2.3 3.逆に太い毛に変化した2. …

女性の悩み、ニキビや肌荒れなどの様々な肌トラブルに対応します!最新の光治療器である医療用LEDダイオード(オムニラックス)とは?女性

女性の悩み、ニキビや肌荒れなどの様々な肌トラブルに対応します!最新の光治療器である医療用LEDダイオード(オムニラックス)とは?

目次1 ニキビや肌荒れといえばこれ!医療用LEDダイオード(オムニラックス)が発揮する効果とは?1.1 青色LED1.2 赤色LED1.3 白色LED2 医療用LEDダイオード(オムニラックス)治療を …

ほうれん線を薄くすることができる!?あなたの日常生活を見直してみませんか?

近頃は20代からほうれん線がうっすらと気になってくる人も少なくないようです。ほうれん線はなるべくできないように早めの対処を行っていくことが大切です。まずは、ほうれん線の原因をしっかり追究して改善に努めていきましょう。