脱毛・除毛

医療レーザーで肌がひりひりと腫れてしまった・・。肌トラブルに効くアフターケアとは?

投稿日:2017年3月1日 更新日:

ひりひりと腫れてしまった肌

医療レーザーにリスクはあるのか?

医療レーザー脱毛とは、黒い色だけに反応を示し毛根だけを破壊していく脱毛方法なので、表皮には影響を与えることはありません。そのため、医療レーザー脱毛は、安全で非常に効果の高い脱毛方法と言われていますが、効果とともにまったくリスクもないわけではありません。

どのようなリスクがあるのか、またその対処方法についてお伝えします。

「炎症」

医療脱毛が完了したあと、ひりひりと腫れて軽いかゆみを伴う場合があります。これは、毛穴の周りの皮膚が炎症を起こすことによるものであり、脱毛後のリスクとしては一番この症状が発生することが多いです。アフターケアーとして炎症を抑えるために塗り薬を塗布するので、炎症はすぐに治まります。

「毛嚢炎(もうのうえん)」

レーザー光による熱が原因で、一時的にバリア機能が弱まります。そこに毛穴が傷つき、皮膚表面の菌などが入って細菌感染すると、白ニキビの一種のようなものができてしまいます。

太い毛が生えている場所に多くできやすいため、男性のヒゲ脱毛や陰部の脱毛にできやすいそうです。

「軽度のやけど」

まれに軽度の火傷を引き起こす場合がありますが、最近は、最新の機器を導入している医療機関がほとんどですので、症例は少ないです。主にやけどリスクが高くなるのは色黒の人や日焼けをしている人になります。

「硬毛化」

脱毛を行う前よりも毛が太くなったり、長くなってしまう現象です。原因は科学的に証明されてませんが、レーザーが刺激となって逆に細胞を活性化させてしまい、毛が増毛してしまうのではないかと言われてます。

では具体的にどのようなことに気を付けたらいいのか?

医療脱毛を行ったあとは、少なくとも肌にダメージを与えていることになります。脱毛後の注意点としてなるべく副作用の症状を抑えるためにも、脱毛後に次のお手入れをしっかりすることが大切です。

脱毛後、体のほてりが残ってますので入浴や激しい運動をすることで体温が上昇するとほてりや炎症が長引いてしまうので、シャワーを浴びる程度にしましょう。ほてりが続く場合は、保冷剤で冷やしてほてりを抑えましょう。

また、脱毛によって肌の水分量も少なくなっています。しっかりといつも以上に保湿のケアをすることが大切です。保湿をすることによって、「毛嚢炎(もうのうえん)」の症状を抑えることもできますし、さらには水分を含んだ肌は、脱毛の効果を高めることにもつながります。

リスクと言っても怖いものではない!

  • 医療脱毛のリスクは決してゼロではない。
  • 肌の「炎症」のリスクが脱毛によって起こる症状の中で一番多い。
  • 日常のケアも忘れずに行うことで症状はある程度抑えられる。
  • 現在は、技術も機器も向上しているため、肌トラブルによる症例は少なくありつつあります。

脱毛後に行った症状は、ほとんどの場合処方される薬で早期改善が可能ですので、安心して脱毛を受けましょう!

-脱毛・除毛

関連記事

医療レーザー脱毛で痛がる人

実際、医療レーザー脱毛ってどのくらい痛むの・・?痛みが軽減できる方法ってある?

目次1 医療レーザー脱毛はどのくらい痛いのか?2 痛みを軽減する方法とは?3 痛みは緩和することができる! 医療レーザー脱毛はどのくらい痛いのか? クリニックなどで行われる医療レーザー脱毛は、効果が高 …

家でのめんどくさい自己処理とはおさらば♪医療レーザー脱毛なら最短6回でひざ下がつるつるに♡

目次1 ひざ下の脱毛施術の種類1.1 光脱毛(エステサロン)1.2 医療レーザー脱毛(医療クリニック)2 脱毛を行うのにベストな時期とは?3 ? ひざ下の脱毛施術の種類 ひざ下は、1年中人目につきやす …

医療脱毛をしてやけどをして、悩む女性

医療脱毛は皮膚に熱が伝わりやすい?やけどの赤みや腫れが起った場合の対処法を分かりやすく、ご紹介します

目次1 医療脱毛で起きる可能性がある肌トラブルとは?1.1 肌の調子が悪い場合1.2 肌が日焼けしている場合1.3 照射パワー設定ミスの場合2 医療脱毛で火傷などした場合の対処法について3 火傷などの …

全身脱毛を行った女性

全身脱毛が恥ずかしいのは最初だけ?100%おもてなしを女性のスタッフが対応してくれるので安心できます!

目次1 全身脱毛をするにあたってどのようなことが気になる?2 一番気になるVIOの部分の施術の様子は?3 恥ずかしさは最初のうちだけ! 全身脱毛をするにあたってどのようなことが気になる? 全身脱毛をし …

「ダブロ」施術で喜ぶ女性

従来のレーザー治療よりも効果的?「ダブロ」施術とは?

目次1 ダブロ治療とは?今までのレーザー治療と何が違う?2 ダブロ治療をするにあたって3 メスを用いないダブロ治療のまとめ ダブロ治療とは?今までのレーザー治療と何が違う? 肌表面のハリを支えているの …