脱毛・除毛

エステと自宅はどちらが効率よく脱毛できる?忙しい人には家庭用脱毛器が良い?

投稿日:2017年2月17日 更新日:

エステと自宅はどちらが効率よく脱毛できる?忙しい人には家庭用脱毛器が良い?女性

膝下のムダ毛の処理

膝下の無駄毛は他の部位よりも硬毛であるため、少しでも伸びてしまうと目立ってしまいます。
さらに膝下は、メラニン色素を多く含んでいるため、他の部位よりも毛が伸びるのも早いのです。

頻繁にお手入れを行っている人も多いのではないのでしょうか?

膝下のお手入れは、大半の方が、カミソリで処理を行われていると思います。しかし、カミソリは毛と同時に肌も剃り落としてしまいお肌を傷つけてしまっている状態なのです。
これでは、色素沈着や毛穴の炎症を引き起こす原因になりかねません。
そこで今回は、カミソリ以外でのおすすめの処理方法についてどのような種類があるかご紹介します。

おすすめの脱毛方法について

エステで行う「光脱毛」

エステサロンで脱毛を行う場合、1回脱毛処理を行っただけでは、綺麗になることができません。
光脱毛は、毛の生え変わる周期(毛周期)である「成長期」にあわせて、2~3ヶ月に1回のペースで脱毛を行う必要があります。
個人差はありますが、最低でも6回以上の照射が必要であり、期間にするとほぼ1年ほど通うことになります。

光脱毛は、永久的な脱毛の効果はありませんが、以前よりも毛の処理がいらなくなるまでに確実に毛が薄くなります。
また、美肌・美白効果を同時に得ることができます。

自宅で行う「家庭用脱毛器」

なるべく費用を抑えられたい人、毎回サロンに通うほどの時間がない人は、
家庭で使える「家庭用脱毛器」を使用するのがおすすめです。
使用頻度としては、2週間に一度となり、効果が現れてきたら3週間 > 1ヶ月 > 2ヶ月と間を空けるようにします。
これを続けることで個人差はありますが、だいだい1年ほどで毛がほとんど生えてこなくなります。

エステの光脱毛などに比べて照射力が低く、効果が体感をするまでに時間がかかる場合がありますが、
自宅にいながら脱毛エステとほぼ同じ施術を行うことができるのは、大変魅力だと思います。

自己処理の手間を省きたいならば!

  • カミソリで自己処理を行うことで肌を傷めてしまう恐れがある
  • 光脱毛は脱毛効果と同時に美白効果を得ることができる
  • 「家庭用脱毛器」はいつでも空いた時間で行うことができる忙しい人には、最適
  • ムダ毛処理に費やしている時間が勿体ない感じるなら、「光脱毛」「家庭用脱毛器」はおすすめ!


それぞれの処理方法の特徴を理解し、自分に適した処理方法を選びましょう!

-脱毛・除毛

関連記事

医療脱毛をしてやけどをして、悩む女性

医療脱毛は皮膚に熱が伝わりやすい?やけどの赤みや腫れが起った場合の対処法を分かりやすく、ご紹介します

目次1 医療脱毛で起きる可能性がある肌トラブルとは?1.1 肌の調子が悪い場合1.2 肌が日焼けしている場合1.3 照射パワー設定ミスの場合2 医療脱毛で火傷などした場合の対処法について3 火傷などの …

家でのめんどくさい自己処理とはおさらば♪医療レーザー脱毛なら最短6回でひざ下がつるつるに♡

目次1 ひざ下の脱毛施術の種類1.1 光脱毛(エステサロン)1.2 医療レーザー脱毛(医療クリニック)2 脱毛を行うのにベストな時期とは?3 ? ひざ下の脱毛施術の種類 ひざ下は、1年中人目につきやす …

医療レーザー脱毛で痛がる人

実際、医療レーザー脱毛ってどのくらい痛むの・・?痛みが軽減できる方法ってある?

目次1 医療レーザー脱毛はどのくらい痛いのか?2 痛みを軽減する方法とは?3 痛みは緩和することができる! 医療レーザー脱毛はどのくらい痛いのか? クリニックなどで行われる医療レーザー脱毛は、効果が高 …

医療レーザーを紹介している女性

脱毛の効果を最大限に引き出します!とにかく早く綺麗になりたい方は「医療レーザー」がおススメ!

目次1 満足感を大きく得られる脱毛なら医療レーザーで決まり2 医療レーザーのどの点が有利で安心なのか?3 医療脱毛が安心! 満足感を大きく得られる脱毛なら医療レーザーで決まり 脱毛にはエステサロンで施 …

レーザー脱毛した女性

レーザー脱毛で痛みを感じたら..?レーザー脱毛で痛みを抑えるために、予防すべきポイントとは?

目次1 レーザー脱毛ではどの部位が痛いの?2 施術中の痛みを抑えるためにできることは?2.1 体調不良、生理前後の時の施術は避ける2.2 施術前、普段から施術部位を保湿しておく3 施術の痛みは抑えられ …