脱毛・除毛

間違った自己処理は肌が傷つきやすくなる?正しい埋没毛の対処法とは?

投稿日:

埋没毛の対処法

埋没毛は放置してもいいのか?

女性のみなさんは、ほとんど毎日のように毛の自己処理を行っていると思います。
そこでたまに目にするのが、皮膚の下に埋もれている埋没毛。
この埋没毛は、毛抜きやカミソリで間違った自己処理を続けることで皮膚が傷つき、
毛穴がふさがってしまうことで、起こります。
埋没毛は、見た目も悪くすぐに処理をしたいと考える人も多いと思います。
しかし、皮膚の下に埋もれてしまっているため、毛抜きや、中にはカッターで切って
引き抜こうとする人もいると思いますが、これはさらに肌を傷つけてしまい炎症を引き起こす原因になるので、
おすすめできません。
埋没毛は、そのまま放っておいても皮膚に害はないとされていますし、自然と皮膚の外に押し出されて出てきます。
そのため、気にならない人はそのまま放置することがいいのではないでしょうか。

埋没法の正しい対処法としては?

なるべくでも早く対処したい人も中にはいると思います。その場合は、ボディスクラブやピーリングを使用し、埋没毛の箇所を円を描くように優しくマッサージをしましょう。これによって、溜まった古い角質が取り除かれ、埋もっていた毛が皮膚の表面に出やすくなります。
これを続けることによって、肌のターンオーバーが正常になり、肌を綺麗に保つこともできます。
さらに根本的に直す方法としては、クリニックでの医療脱毛を受けることです。
毛を生成する根本的な毛根を破壊するため、埋もれ毛そのものをなくすことができます。
また、医療レーザーで用いられる機器には、レーザーの効能として、美白効果を期待することも可能です。
ただ、すでに黒ずんで色素沈着などを起こしている場合、レーザー脱毛の施術を受けることができない場合があります。理由としては、レーザーは、黒い色(メラニン色素)に反応して照射されますので、色素沈着を起こしている箇所に反応を示してしまうことがあります。これにより、さらに肌が黒ずむなどの症状になることがあります。事前に肌の状況を見てもらい施術が可能なのかどうか確認しておく必要があります。

やはり肌のことを考えるなら、一番は医療レーザー脱毛が良い!

  • 毛抜きで引っ張って抜くと埋もれ毛になりやすい
  • 自己処理後に保湿をする事である程度は埋没毛を防ぐ事が出来る
  • カミソリで何度も剃って肌が傷つくと、埋没毛になりやすい
  • 脱毛をすることで美白・美肌効果も期待ができる


やはり一番の対処法は脱毛をすることではないでしょうか。肌トラブルを改善できるのは大変魅力ですね。

-脱毛・除毛

関連記事

脱毛回数について知りたい女性

早く脱毛を完了したい!知っておきたい各部位の必要な脱毛回数とは!?

目次1 医療脱毛で施術した場合、どのくらいの期間が必要なの?2 医療脱毛レーザーは、どのような点に注意したらいいの?3 毛質や肌質によって脱毛期間には個人差がある! 医療脱毛で施術した場合、どのくらい …

「ダブロ」施術で喜ぶ女性

従来のレーザー治療よりも効果的?「ダブロ」施術とは?

目次1 ダブロ治療とは?今までのレーザー治療と何が違う?2 ダブロ治療をするにあたって3 メスを用いないダブロ治療のまとめ ダブロ治療とは?今までのレーザー治療と何が違う? 肌表面のハリを支えているの …

毛深いので心配になる女性

毛深い人って必要以上期間が長い‥?どのくらいの脱毛回数がベスト?

目次1 医療レーザー脱毛完了までの回数や期間はどのくらい?2 医療脱毛のレーザーの種類にも効果はそれぞれ!2.1 アレキサンドライトレーザー2.2 ダイオードレーザー2.3 ヤグレーザー3 医療脱毛の …

家でのめんどくさい自己処理とはおさらば♪医療レーザー脱毛なら最短6回でひざ下がつるつるに♡

目次1 ひざ下の脱毛施術の種類1.1 光脱毛(エステサロン)1.2 医療レーザー脱毛(医療クリニック)2 脱毛を行うのにベストな時期とは?3 ? ひざ下の脱毛施術の種類 ひざ下は、1年中人目につきやす …

医療脱毛をしてやけどをして、悩む女性

医療脱毛は皮膚に熱が伝わりやすい?やけどの赤みや腫れが起った場合の対処法を分かりやすく、ご紹介します

目次1 医療脱毛で起きる可能性がある肌トラブルとは?1.1 肌の調子が悪い場合1.2 肌が日焼けしている場合1.3 照射パワー設定ミスの場合2 医療脱毛で火傷などした場合の対処法について3 火傷などの …