脱毛・除毛

医療脱毛は皮膚に熱が伝わりやすい?やけどの赤みや腫れが起った場合の対処法を分かりやすく、ご紹介します

投稿日:2017年1月23日 更新日:

医療脱毛をしてやけどをして、悩む女性

医療脱毛で起きる可能性がある肌トラブルとは?

医療脱毛は、医療免許を持っている医師のもとで行うから、やけどは起らないと思っていませんか?

エステサロンで行う光脱毛よりは、格段に火傷のリスクは低いですが、実は必ずしもやけどのリスクはゼロではないのです。そこでどのようなことで肌トラブルを引き起こすことがあるのか知っておきましょう。

肌の調子が悪い場合

乾燥している肌の水分量が少ない場合、レーザーを照射した時に皮膚内に熱が伝わりやすく、赤みや腫れなどを引き起こしやすくなっています。

肌が日焼けしている場合

脱毛機は、メラニン色素に反応する仕組みになっています。日焼け肌はメラニン色素をたくさん含んだ状態なので、毛根部分以外に反応してしまい赤みや痛みを引き起こすことがあるのです。

脱毛期間中に日焼けをしてしまった場合は、1か月以上空けて、医療脱毛を行ったほうがよいでしょう。

照射パワー設定ミスの場合

施術者の判断ミスにより、肌質の状態を正確に見極めることができず、その人にあったレーザーの出力パワーを照射できていなかった。

医療脱毛で火傷などした場合の対処法について

まずは、脱毛の施術を得意としているクリニックを選ぶことです。

他の施術ばかりに力を入れて、医療脱毛は、施術に不慣れであったりしますので、症例数で選ぶようにしましょう。

そして、使用するレーザーの種類、照射するレーザーのパワーを事前に問診してもらうため、カウンセリングで自分がどのような肌質であるかしっかり伝える必要があるでしょう。

最後に不幸にもやけどしてしまった場合、一刻も早い処置が必要です。

やけどの治りをよくる方法として一番は、保湿をすることです。肌はやけどが起きた時からすぐに再生組織が働き、肌を修復しようとします。このやけどした部位に保湿をすることで、湿潤状態を保ちより自然治癒力を高めることが可能なのです。

さらには、赤み・痛みを和らげ殺菌の予防をしてくれる炎症止めも塗り上からガーゼなどで保護するようにして改善を待ちましょう。

火傷などの傷を負わないためにもクリニック選びが何より大事

  • 医療脱毛でも火傷は行ってしまう。
  • もし火傷をしてしまったら、日焼けはしないように気を付ける。
  • やけどをしてしまった場合、保湿クリームを塗るようにしましょう。
  • カウンセリングで親身になって聞いて対応してくれる医師や看護士を選びましょう。


もし肌が弱い体質だと思う場合は、照射パワーの低い脱毛サロンの方がおすすめかもしれません。

-脱毛・除毛

関連記事

医療脱毛をしている女性

毎日の埋没毛の自己処理が時間短縮!医療レーザー脱毛で肌を綺麗に保ちませんか?

目次1 埋没法は放置がいいの?処理をしてもいいの?2 どうしても気になる!埋没法の対処法はどうすればいい?3 やはり肌のことを考えるなら、一番は医療レーザー脱毛が良い! 埋没法は放置がいいの?処理をし …

エステと自宅はどちらが効率よく脱毛できる?忙しい人には家庭用脱毛器が良い?女性

エステと自宅はどちらが効率よく脱毛できる?忙しい人には家庭用脱毛器が良い?

目次1 膝下のムダ毛の処理2 おすすめの脱毛方法について2.1 エステで行う「光脱毛」2.2 自宅で行う「家庭用脱毛器」3 自己処理の手間を省きたいならば! 膝下のムダ毛の処理 膝下の無駄毛は他の部位 …

医療レーザーでVIOライン処理した女性

医療レーザー脱毛では5~6回でお手入れ完了?VIOラインを夏までに綺麗にできます!

目次1 医療レーザー脱毛のメリットとは?1.1 医療レーザーののほうが出力が高い1.2 医療レーザーは短時間ですむ1.3 全体を通して見ると医療レーザー脱毛の方が安い?2 VIO脱毛は医療レーザー脱毛 …

腕の毛が気になる。そんなあなたにお勧めの脱毛法とは?どの期間が最適?女性

腕の毛が気になる。そんなあなたにお勧めの脱毛法とは?どの期間が最適?

目次1 腕の毛の脱毛を医療脱毛理由1.1 ※永久脱毛と呼ばれる定義とは?2 どの期間通えば続ければいいのか?気をつける点は?3 腕の毛の脱毛は医療脱毛で! 腕の毛の脱毛を医療脱毛理由 腕の毛は人目につ …

ひりひりと腫れてしまった肌

医療レーザーで肌がひりひりと腫れてしまった・・。肌トラブルに効くアフターケアとは?

目次1 医療レーザーにリスクはあるのか?1.1 「炎症」1.2 「毛嚢炎(もうのうえん)」1.3 「軽度のやけど」1.4 「硬毛化」2 では具体的にどのようなことに気を付けたらいいのか?3 リスクと言 …