髪・頭皮

20代30代の女性の抜け毛の原因とは?男性とは違う女性の抜け毛の原因と治療法

投稿日:

抜毛に悩む女性の場合、もしかしたら女性ホルモンが原因かも?

抜毛や薄毛という悩みは、もはや男性だけの悩みではありません。女性だってふとした時に「あれ?抜毛が多い気がする…」と気が付くことがあります。だんだん髪の毛が薄くなり、頭髪のボリュームも薄くなってしまった。そう感じるようになってしまったなら、もしかしたらそれは女性ホルモンが減少してきているからかも。

女性ホルモンって年齢とともに減っていく。こういった話を聞いたことがある方は「加齢とともに女性ホルモンが減るのなら、それが原因で抜毛になっても仕方ないでしょう?」と思ってしまうかもしれませんね?ですが、加齢が原因で減少する女性ホルモンでも、きちんと対策を取ることで抜毛・薄毛を和らげることができるようになります。今回は、女性ホルモンによる抜毛や薄毛についてお伝えいたします。この記事をきっかけに、ぜひとも薄毛・抜毛対策について考えていただけたら幸いです。

さて、最初に記述させていただいた「抜毛は女性ホルモンの減少が原因の可能性がある」というお話ですが、実際これは抜毛の原因の1つとされています。そもそも女性の身体というものは女性ホルモンが大きくかかわってきており、女性ホルモンの増減によって健康面や美容面、精神面が大きく動いてゆきます。
これは女性の髪の毛も同じで、女性の髪の毛と女性ホルモンというのは深い関係があります。女性ホルモンの分泌量が下がったり、ストレスや妊娠など何かしらの影響で女性ホルモンが乱れてしまうと抜毛が始まったり、抜毛の量が増えてしまう場合があるようです。

類似:頭皮の臭い対策(美サラダ)

抜毛や薄毛に大きくかかわる!女性ホルモンとはそもそも何?

ただ、一言で女性ホルモンと言っても、「女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類に分けることができます。
エストロゲンを簡単に説明すると精神を安定させたり美肌を作る、バストアップさせるといった「美しい女性でいるためのホルモン」、プロゲステロンを簡単に説明すると妊娠した際に妊娠を継続できるように食欲を増やしたり、子宮内膜を分厚くする・体温を上げるといった「母親になるためのホルモン」となります。そして女性の頭髪に大きく関係するのは、エストロゲンのほうとなるようです。

エストロゲンは美しい女性となるように女性らしい体つきや精神を落ち着かせるという働きを持っており、美しい髪を作るというのもエストロゲンが持つ役割の1つ。
どういう事かというと、エストロゲンがちゃんと分泌されているのなら、美しくつやのある髪の毛がしっかりと生えてくることができます。けれどエストロゲンの分泌量が少ない場合、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい髪の毛に影響を及ぼして抜毛が始まる、多くなる。薄毛になりだすというメカニズムになります。

エストロゲンは10代の時から多く分泌されるようになり、分泌量がピークである20代~30代を過ぎるとだんだんと減ってゆきます。40代になった女性に多い”更年期”もまた、女性ホルモンがどんどん減少することで体調を崩しやすくストレスもたまりやすくなってゆきます。
けれど分泌量がピークである20代~30代の女性でもエストロゲンの分泌量が下がってしまう方はいらっしゃいます。エストロゲンの分泌量の減少は薄毛や抜毛だけではなく、生理不順や不眠・骨がもろくなってしまったり場合によってはアルツハイマー症になることもあります。

女性ホルモンが減少しないために何をしたらいいの?対策方法とは?

こうならないためにもエストロゲンを減少させないようにする必要性があります。では、どんな方が抜毛や薄毛になりやすいか…エストロゲン分泌量が減ってしまう人はどんな方なのかというと、

・手荒なダイエットや睡眠不足・喫煙といった生活習慣が乱れている方。

・更年期に入っている方。

・子供を出産したという方。

この3タイプに心当たりがあったら、エストロゲンが乱れたり減少している可能性があります。

出産後に抜毛や薄毛に悩む場合は、これは心配しすぎることはなく当たり前の自然現象。赤ちゃんを妊娠している間、エストロゲンはたっぷり分泌されるのですが出産をするとエストロゲンの量が通常より少し分泌量が減少します。
それでも、1年ほどするとエストロゲンの量はもとに戻りますから、安心して大丈夫かと思われます。ただ、出産をして1年ほどたっても抜毛や薄毛が続くという方の場合は、念のためクリニックでのカウンセリングを受けた方がいいかもしれません。

他にも、「○○ばかり食べるダイエット」や「○○を食べないダイエット」といった偏った食事制限を行うダイエットも、女性ホルモンの乱れを引き起こし抜毛を呼んでしまうようです。
なぜなら、ホルモンをしっかりと分泌させるには栄養が大切なのですがダイエットに加えて荒れた食生活をすると女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。さらに食事が乱れて栄養不足状態が続いてしまいとエストロゲンの分泌量が少ない状態が続き、それによって髪の毛が薄くなる・骨密度が減り骨がスカスカになって脆くなる可能性もあります。
ダイエットで一番いいのはバランスのとれた食事と運動ですが、これがきちんとできる方って少ないですよね?そういう方にむいた痩せる方法としてメディカルダイエットをおこなうといいのかもしれません。

さらに、生理が止まる閉経前後の時期…いわゆる更年期はエストロゲンの分泌量ががくっと落ちてしまいます。歳を重ねるとエストロゲンの分泌量が下がってしまい、抜毛に加えて常にイライラしてしまったり身体が火照る、頭痛や肩こりに悩まされるといった方法もあります。
更年期による薄毛・抜毛対策の1つとしてホルモン注射を婦人科で行うという方法もあります。日本ではまだなじみが薄いですが、欧米諸国では結構一般的に普及している治療法のようです。

女性ホルモンの減少による抜毛・薄毛の理由

・抜毛や薄毛という悩みは、もはや男性だけの悩みではありません。
・女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類に分けることができます。
・エストロゲンの分泌量が少ない場合、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう。
・生活習慣が乱れている方、更年期に入っている方、子供を出産したという方は抜け毛になりやすい。


喫煙や過度な飲酒、ストレスや不規則な生活はいわずもなが、抜毛や薄毛以外にも健康・美容共に被害を及ぼします。特に喫煙とストレスは万病の元。なるべくストレスはためないように、ストレスの原因からは離れるようにしたほうがいいようです。

-髪・頭皮
-,

関連記事

薄毛は病院で治療できる!後頭部の毛髪を使用する自毛植毛とは?

10人に1人の女性が薄毛に対する何かしらの悩みを抱えているとされているようです。薄毛に悩む方々のために様々な薄毛治療が存在します。そして薄毛治療の1つに、自毛植毛という方法があるようです。自毛植毛とは …

女性の薄毛対策 女性の薄毛の原因と薄毛の対策方法【rippleコラム】

目次1 女性にも起きる薄毛の対策について2 女性の薄毛の原因とは?女性ホルモンと薄毛の関係3 女性の薄毛のための対策について4 女性の薄毛の対策や原因とは?薄毛と女性ホルモンの関係について 女性にも起 …